fc2ブログ
【武四郎】松浦武四郎記念館で展示「メナシのアイヌとともに生きる~加賀伝蔵、松浦武四郎、南摩綱紀~」が好評開催中です。
 松阪市の松浦武四郎記念館です。
当館では11月26日(日)まで、「メナシのアイヌとともに生きる~加賀伝蔵(かが でんぞう)、松浦武四郎、南摩綱紀(なんま つなのり)~」展を開催しています。

写真1IMG_2282 (7)
【写真1:展示室の様子】

この展示では、松阪市から約1900kmも離れた北海道東部、野付(のつけ)半島のある別海町(べつかいちょう)から資料をお借りしており、松浦武四郎が、幕末に野付半島にいた秋田出身の商人・加賀伝蔵に宛てた手紙には、興味深いことが記されていますので紹介します。

松浦武四郎は、幕末の弘化2年(1845)から安政5年(1858)にかけて、6度に及ぶ蝦夷地調査を行っています。6回目の調査で、北方領土の一つである国後島(くなしりとう)へ渡る拠点とされていた野付半島を訪れた武四郎は、商人の加賀伝蔵と出会い、交流を深めます。武四郎は蝦夷地調査を終えた後も江戸で活動しながら、伝蔵と手紙をやり取りしており、お互いに信頼しあえる仲だったのでしょう。

武四郎は伝蔵宛の手紙の中で、「鮭のすずこ」を一樽送って欲しいと何度もお願いしています。「すずこ」とは「スジコ」のことで、鮭の卵であるイクラが膜に包まれた状態を指します。

写真2IMG_2283小
【写真2:加賀伝蔵宛松浦武四郎書簡】

北海道で獲れた鮭は、塩漬けにされて本州へと運ばれましたが、冷蔵・冷凍技術がなかった当時、「すずこ」は江戸でどれだけお金を出しても手に入らなかったようです。そこで、伝蔵は毎年武四郎のために、鮭を十匹と「すずこ」一樽を送ってくれたようで、武四郎はそのお礼に自分の出版した本や地図を、伝蔵に贈りました。

現代では冷蔵や冷凍することで、北海道からイクラを取り寄せることができますが、そうしたことができなかった当時、腐らせないよう塩で包んでから運んだのでしょうか。樽にいっぱい詰まった「すずこ」が送られてくると、武四郎はさっそくいろいろな人たちに配り、もらった人たちはご飯にイクラをのせて食べ、北の珍味に舌鼓を打ったことでしょう。

11月18日(土)、19日(日)は、関西の博物館や美術館が無料で見学できる「関西文化の日」により、松浦武四郎記念館と松浦武四郎誕生地は無料でご見学いただけます。

また、両日は松阪市文化財センターはにわ館、松阪市歴史民俗資料館(小津安二郎松阪記念館)も無料で開館し、その期間に学芸員からの挑戦状という共同企画も開催し、挑戦状に記されたミッションをクリアした各日先着50名様には、それぞれの館のオリジナルグッズをプレゼントしますので、ぜひご来館ください。

写真3(松浦武四郎記念館用)学芸員からの挑戦状
【写真3:学芸員からの挑戦状チラシ】

 この展示は11月26日(日)に終了し、27日(月)から30日(木)まで展示替えのため休館させていただいた後、12月1日(金)から来年1月28日(日)までは、「武四郎の出版活動」展を開催し、さまざまな著作を出版した武四郎の姿を紹介しますので、どうぞお楽しみに!

写真4-1松浦武四郎記念館展示「武四郎の出版活動」チラシ表

写真4-2松浦武四郎記念館展示「武四郎の出版活動」チラシ裏
【写真4:展示「武四郎の出版活動」チラシ】

 松浦武四郎記念館ホームページ 
 ※フェイスブック、X(Twitter)、インスタグラムでも情報発信中

(山本 命 やまもと めい/松浦武四郎記念館)
スポンサーサイト



[2023/11/16 22:00] | 未分類 | page top
| ホーム |