fc2ブログ
【四博】廃物利用のジオラマ
「この家はね、廃棄された平成時代のゴム印を再利用してるんですよ。屋根瓦はダンボールの芯を使ってます」
「地面の土はね、おが屑を着色してます」
「道路は特別展で使ったパンチカーペットの残りです」
「線路の柵は百均で買ったプラスチックの籠を切って色を塗りました」
「プラットホームの駅名板はマッチ棒を組み合わせて作りました」
「茶畑のお茶の木は人工芝を細く切って畝に見立ててます」
「桜並木の桜の木は、針金で芯を作って、細かく千切ったピンクのスポンジを
ボンドでくっつけました」
「踏切の板は赤福の経木箱をバラして細く切ってから貼り付けました」

内部線ジオラマ②

私たちが「昭和展」と呼んでいる冬の恒例展示のテーマは

「昭和のくらし、昭和の一隅」

博物館の昭和世代も私を入れて数人となったため、私がリアルタイムで体験したことを平成世代のスタッフに伝えることも含めて、毎年展示の仕方に知恵を凝らしている。

 中でもいささか自画自賛になるが、昨年、私が休日に趣味で製作したジオラマを展示したところ意外にウケたので、さらに手を入れて今年も展示することにした。

内部線ジオラマ①

四日市の誇るナローゲージの内部線(現あすなろう鉄道)をメインに、昭和30年代の日永駅をイメージした畳1畳分のジオラマの土台は、使い終わった木製パネル。お金をかける代わりに手間をかけた。
日頃から何でも「捨てないで!」と取っておく私を白い目で見ていたスタッフも、ちょっとは見直してくれたのではないだろうか。

「開館30周年記念 特別企画展  昭和のくらし 昭和の一隅」
      2024年 1月2日(火) ~ 3月3日(日)

(森拓也 もり・たくや/四日市市立博物館)
スポンサーサイト



[2023/11/15 22:00] | 未分類 | page top
| ホーム |