fc2ブログ
【三重県博】四字熟語や百人一首にもトリが・・・
現在、三重県総合博物館(MieMu)では第35回企画展「鳥のひみつ調べ隊! みて・きいて・ふれて」を開催しています。

poster.jpg

館蔵資料を中心に生物としてのトリの特徴や、絵画・工芸等に取り上げられた鳥など(生物としての鳥はカタカナの「トリ」で表しました。生物としての人も「ヒト」とカタカナ表記する場合が多いです)、自然系、人文系、民俗系を含めた展示を行っています。トリの剥製や骨格標本をはじめ、鳴き声や絵画などさまざまな展示を行っていますので、「みて・きいて・ふれて」トリの秘密を調べてみてはいかがでしょうか。来館お待ちしています。

さて、今回は趣向をかえてクイズを出してみましょう。四字熟語や百人一首に含まれるトリを取り上げてみます。まずは四字熟語から。カッコ内に入るトリにちなんだ漢字は何でしょうか。

夫婦の契りや男女の仲睦まじさを表す「(A)之契」(Aには漢字2文字が入ります)、「比(B)連理」、美人のたとえの「沈魚落(C)」、月と太陽、あるいは時間をあらわす「金(D)玉兎」、「白兎赤(D)」(どちらも同じ漢字が入ります)、あまり良い意味ではないが「陶犬瓦(E)」、「(E)鳴狗盗」(どちらも同じ漢字が入ります)。トリにかかわる熟語やことわざなどは他にもたくさんあります。興味があれば調べてみては。

次に、百人一首に出てくるトリについて。こちらは番号と詠み人を挙げてみます。「3.柿本人麻呂」、「6.中納言家持」、「62.清少納言」、「78.源兼晶」、「81.後徳大寺左大臣」。いかがでしょうか?

ちなみに、四字熟語の答えはA:鴛鴦、B:翼、C:雁、D:烏、E:鶏です。また、百人一首の答えは、3:「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」、6:「鵲(かささぎ)の渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」、62:「夜をこめて鳥の空音ははかるともよに逢坂の関はゆるさじ」、78:「淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守」、81:「ほととぎす鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる」でした。

答えに出てくるトリはいずれも今回の企画展で剥製標本を展示しています。ぜひ現物を見てください。

(守屋和幸 もりや・かずゆき/三重県総合博物館)
スポンサーサイト



[2023/11/05 22:00] | 未分類 | page top
| ホーム |