FC2ブログ
【新転載!】ビジツカンの道具 第1回「メジャー」─買うのに苦労する道具です─
某県立ビジツカンのH田先生にご協力をいただき、今回より特別に転載コラムをお願いいたしました!
業界筋の方にこそ読んでいただきたいこのコラム、ぜひご一読下さい。

*****
01_第1回図版


何の予告もなしに始まったこのコラム。要は美術館で使用する色々な道具を虚実ないまぜにご紹介しようというものです。今回は「メジャー」。日本語で言うと「巻尺」ですね。
このメジャー、美術館では極めて使用頻度の高い道具です。美術作品を調査・研究する上では、その大きさを計測する必要がありますし、あるいは展示計画を立てるために、壁面やケース内の幅を計測して、作品のサイズと照らし合わせたりもします。そのため、学芸員によっては、数種類のメジャーを使い分ける方もいらっしゃるほどです。

時折学芸課に行くと、斬鉄剣の手入れを済ませた十三代目石川五エ門よろしく、鉄製のメジャーを目の前で立て、「むう。」とか「ほぉ。」とかいう独り言をつぶやく学芸員の姿が見られますが、これは他館から借用する作品の大きさをイメージするため。別にメジャーのもつシンプルかつモダンな美しさに心を奪われているわけではございません。

 さて、特に美術品に直接触れる調査の場において、鉄製のメジャーは作品を傷つける恐れがあるためご法度です。そんな時、我々学芸員は布製のメジャーを使用します。この布製メジャー、どこにでも売っていそうな気もしますが、実は曲者。大きな美術品にも対応しうる2メートル長のものとなると、手芸屋さん以外ではあまり売ってないのです。

思い起こせば、私が初めてメジャー購入の必要性に迫られたのは、大学院一年生の頃。鬼軍曹の様な先輩からFからはじまる卑猥なアルファベット四文字と共に「貴様!美術史を専攻しとるのにメジャーも持っとらんのか!」と叱責を受けたことが最初のきっかけでした。その後某100円ショップで1.5メートルのものを購入し、意気揚々と調査に携えてゆきましたが、今度はまたその鬼軍曹から卑猥な四文字を立て続けに二度も告げられた後「長さが足りぬではないか!帰れ!」と強制帰宅を命じられました。その夜、やけ酒とばかりに購入した第三のビールを片手に、私は決意したのです。


「そうだ、手芸屋行こう」と。


とはいえ、少年時代からマンガとプラモデル、あとはドリフ程度にしか関心を持たなかった私は、手芸屋という場所に足を踏み入れた経験などもちろんございません。当時の下宿先の近所に手芸屋はございましたが、そのお店は「お菓子の家」を思わせるなんともファンシーな外観。そんなところにうすらデカい男が出入りすれば、お店の方に警察をよばれる可能性があるのではないか。いや呼ばれなくとも、レジ周辺のどこかにあるという警察を呼ぶスイッチ(通称「ヤる気スイッチ」)に手をかけられるのではないか。未だ思春期の過剰な自意識冷めやらぬ当時、私はそんな被害妄想にとりつかれてしまいました。

ではどうすればいいのか?私自身がファンシーな洋服に身を包んでしまえばそれでいいのではないか。そう思ったりもしましたが、そのためには衣料品量販店のファンシーな洋服のコーナにこれまたうすらデカい男が闖入することになります。早くも万策尽き果てた翌朝、私は知人の女性に電話をかけました。「…ごめん、手芸屋で2メートルのメジャー、買ってきて…」と。この時買ってきてもらったメジャーが、その後どうなったかといいますと、実はまだ手元にあるのです。
          
初出:『熊本県立美術館だより View』145号 2013年6月
*****
学芸員にとってメジャーは重要な道具ですよね。夏色のファンシー、とか思ってしまったのは内緒です。
スポンサーサイト
[2019/07/18 13:46] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
永遠のニシパ@松浦武四郎
桑名市博物館S.A.です。

7月15日(月・祝)午後7時30分より、三重県ゆかりの偉人・松浦武四郎をテーマにしたドラマが放映されます。


放送日当日には、松阪市で放送記念講演会が予定されているそうです(o‘∀‘o)*:◦♪
詳しくは、松浦武四郎記念館HP内の講演会ページをご参照くださいね。

NHKドラマ「永遠のニシパ」北海道と名付けた男 松浦武四郎 放送記念講演会
日時:7月15日(月・祝)13:00~15:00(開場12:00)
会場:クラギ文化ホール(三重県松阪市川井町690)
定員:1300名(入場無料・整理券必要)
※整理券について
当日11:00より、会場入り口にて先着順に配布。定員に達した時点で配布を終了。


「永遠のニシパ」の番組ページでは、武四郎を演じた嵐の松本潤さんのインタビューなども掲載されていますよ!

ドラマと合わせて、この機会に松浦武四郎記念館へもぜひ足を運んでみてください~!!
[2019/07/12 07:24] | 未分類 | コメント(0) | page top
松月館長より退任のご挨拶
真珠博物館の松月です。去る6月21日に開催された三重県博物館協会の定時総会で会長を退任しました。三期(実際は5年ですがもっと長くやっていたような気がする)の間、無事に会長職を勤めることができたのは皆様のご理解とご協力の賜物と感謝申し上げます。会則の改訂も済んで、新しい元号に変わり、バトンタッチにはちょうど良い時期です。小林新会長のもと、ますますの発展を期待しています。

さて当館で開催中の「御木本幸吉交遊禄」では、幸吉と40名の人々の交わりを紹介しています。幅広い人脈を生かして養殖事業を展開した幸吉は異業種の人々との関係も大切にしていて、そのひとりが四日市の川村又助翁です。翁は万古焼発展の原動力となった実業家で、川村組陶器製造場を設立、土瓶、灰皿、玩具などを四日市港から輸出しました。幸吉とは「親分子分」の間柄で、上京の際には四日市に立ち寄るのを常としていたといいます。この展覧会では幸吉に宛てた書簡とともに又助翁の事績を紹介しています。書簡は多数残っていますが、なかなか手ごわい。読んでやろうじゃないの、という方、いませんか。
では、今後ともよろしく。

ミキモト真珠島 真珠博物館 館長 松月清郎

松月館長ご退任あいさつ①

松月館長ご退任あいさつ②
*****
松月館長、長い間会長職お疲れさまでした。また引き続き三重県博物館協会へのご協力をお願い申し上げます。

あとは小林新会長からの挨拶文の到着を待つだけです。
[2019/06/28 13:19] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
歌舞伎を見に行ってきました。
桑名市博物館S.Aです。
「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)」を見に東京へ行ってきました!

IMG_0704.jpg

三谷幸喜さん演出・脚本の歌舞伎「月光露針路日本」、
十代目 松本幸四郎さんが大黒屋光太夫役を務められました。

結末は知っているものの、途中、このまま帰れないんじゃないかと何度も思いました…。
ところどころに笑いがあって、歌舞伎ならではの表現も新鮮に映りましたし、
登場人物一人一人が魅力的でしたので、最後の場面はちょっと鳥肌が立ちました。

IMG_0703.jpg

一縷の希望を信じ、伊勢へ帰ろうと進み続けた光太夫一行の姿を見て、
大黒屋光太夫記念館の展示内容を思い返していたのですが、
遠くサンクトペテルブルクから戻り、
日本の土を踏んだ時の想いはいかばかりか・・・。
記念館の展示や歌舞伎を拝見する中で、より感慨深く響きました。


光太夫記念館で現在開催中の企画展、「光太夫の里帰り」は、7月15日(月・祝)までです。
こちらの展示もぜひご覧ください(((o(*゚▽゚*)o)))!

そういえば、劇中で光太夫がロシア語を話す場面がありますが、
今回の展示の中で、光太夫が書いたロシア語の資料も出品されていましたよ。
大黒屋光太夫記念館HPこちら

今回の歌舞伎で光太夫に興味をもっていただいた方にもまた、三重県の方へお越しいただけたらうれしいです。
[2019/06/28 07:13] | 未分類 | page top
令和元年度三重県博物館協会総会
令和元年度の三重県博物館協会総会が2019年6月21日、三重県総合博物館で行われました。

人事案・議案など滞りなく議決されました。

20190621_133318.jpg

これまで会長を勤められたミキモト真珠島・真珠博物館・松月館長による司会です。
なお松月館長はコラムの名手で、ミキモト真珠島のHPでは館長のページでご覧いただけますのでぜひ。

20190621_145608.jpg

研修会では松阪市文化財センター・瀬古久美子所長による「全国博物館大会に参加して」を拝聴。
東京都美術館の「とびラー」の取り組みを中心に参加者で研鑽を積みました。※とびラーについてはコチラ

その後は情報交換会を行いました。令和元年度は東海三県交流集会が三重県が当番県ということで、本年は斎宮で行われます。ぜひ愛知・岐阜のみなさんも三重県お越しください!

なお令和元年度からは亀山市歴史博物館・小林秀樹館長が会長職を勤められます。
ご挨拶はまたそのうちブログで紹介出来るかと思います。
[2019/06/24 15:46] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>