スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「我が館はここから始まった」が始まった
6月27日(金)です。

我らが桑名市博物館展示チームは朝9時に三重県総合博物館に向けて出発。

P1170187.jpg

23号線を南下します。途中事故渋滞などがあったものの、11時前には無事県博に到着。駐車場に停めるとすぐ後ろから川越町の美人学芸員さんがやってきたので挨拶。

既に25日にウチの作品3件は輸送済みなので、県博の収蔵庫からモノを出して展示室に運び込みます。

P1170192.jpg

お軸なので長い箱です。この中に4本が梱包されて入っています。綿布団でキャンディー巻きにした状態です(業界用語なんでしょうか…)。

P1170193.jpg

このガランドウの空間をまず埋めていきます。隣は亀山歴博さん。甲冑がはいってもうきっちきちです。なので少し右側とのスペースを空けなきゃいけません。

モノを展示する際の空間をきちんと測ってやるタイプの方(左脳派)と外から見た感覚だけで決めちゃう方(右脳派)と両方いらっしゃいますが、私は寸法をきっちり測ってやらないとダメなタイプです。ですのでパネルからパネルの位置を測って、間の寸法をどのようにするかを計算していきます。

ここには横幅1つと双幅が掛かってますが、どのようになったのかはぜひ展示をご覧ください。

P1170194.jpg

他の作業中の風景。こういう状態はなかなか珍しいのではないでしょうか。
無事前半の展示が終わってお昼休憩へ。近くの[谷本]でうなぎを食べました。神経を使う仕事ですのでパワー注入です!

P1170200.jpg

ウチの作品はもう一ヶ所にも出てまして、斎宮さんのお隣です。ここには当館のエース級作品、AKBでいうならば神7の一人ともいえる、松平定信《朱達磨図》が出ております。寛政の改革を主導した江戸幕府老中・松平定信の気迫のこもった達磨図をぜひご覧ください。さすがにオーラあります。

P1170202.jpg

高いところのフックはこの道具で移動させます。天井が高い県博さんではこれから大活躍?の予感です。

P1170203.jpg

おっチラっと朱達磨が覗いていますね。これはキャプションを貼りこんでいるところ。貼りパネキャプションも作ってきたのですが、下におくと見づらいと判断しまして、貼りキャプに変更しました。

ぜひこの機会に三重県総合博物館にお越しください~(^∀^)ノ
明日はギャラリートークもありますよ!

詳細はこちら。
スポンサーサイト
[2014/06/28 22:37] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。