スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
和紙のふるさとへ行ってきました。

桑名のスズキです(^^)

この度、豊田市和紙のふるさとへ見学に行って参りました。
今年度、桑名市博物館にて和紙の展示を予定しているのと、
個人的な興味もあり、小原和紙の展示の見学にお邪魔した次第です。

小原和紙のふるさとには、
和紙の魅力を紹介する和紙展示館と、
小原和紙工芸を体験できる和紙工芸館があります。

和紙工芸館では、染色した楮(こうぞ)や、葉っぱなどを漉きこんで、
自分でさまざまに模様をつける「絵漉き」の作業を体験する事が出来るとのことでしたので、
職員の方にご指導いただきながら、絵漉き体験をさせてもらいました。

模様をつけるといっても、和紙を重ねて漉き、指で文字を書いたり、
色をつけた楮で模様をつけた後に水を落として変化をつけたりさまざまな技法があるそうです。



和紙展示館では、絵漉きの技法で制作された小原和紙工芸の作品の展示と、
和紙素材の研究展」が開催されていました。

「和紙素材の研究展」は愛知県立芸術大学の取り組みで、
日本各地にある和紙の産地を調査の成果の紹介や、
和紙を使ってデザインされた作品が展示されています。
(「和紙素材の研究展」は5月11日(日)までとのことです。)

和紙展示館で展示されている作品には、
薄い和紙を重ねて、絵柄を表現した平面の作品や、
折ったり、貼り合わせたりしてできた立体の作品など、
和紙の表現の多様性をみることができますので、
興味のある方はぜひお出かけください。



次回へつづく。

スポンサーサイト
[2014/05/08 02:50] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。