スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日博協全国大会の参加記(学校教育と博物館について)
平成25年11月7日(木)、8日(金)の両日にわたり、岐阜県岐阜市において全国博物館大会が開催されました。隣県で行われることもあり、三重県博物館協会では特別の体制を組んで、理事、運営委員の出来るだけ多くの方にいって戴くこととしました。全国各地から、博物館関係者が集まって、みんなで色々報告を聞いたり、議論したりという会議です。その報告を、1月23日に三重県博物館協会内で研修報告会という形でおこない、共有を図ります。その予告ということもあり、ここで参加した3名の方の報告を逐次掲載しようと思います。
まずは、「学校教育と博物館」というテーマの文化会に参加戴いたかたの報告です。

*【以下報告】***********************************************
 I勢教委のO野です。仕事の都合で、2日目のみの参加でした。
午前6時21分発のK鉄特急で、じゅうろくプラザに向かいました。

分科会1「学校教育と博物館」

午前の分科会は「学校教育と博物館」に出席しました。分科会では美濃加茂市民ミュージアム、岐阜市歴史博物館、岐阜市立梅林小学校、岐阜県先端科学技術体験センターの方々から自館でのとりくみが紹介され、その後、出席者との意見交流という形ですすめられました。
その中で、「博物館を利用したいと思う学校の先生を増やすことが大切」との意見がありました。私も学校現場にいた経験から「教員が博物館を利用したという気持ちにする事が大切だ」と思いました。そのためにも博物館から学校側に対する働きかけが必要になると感じました。その働きかけのヒントが、各館から紹介されたとりくみの中にありました。(詳しくは報告会で・・・・・)
学校と博物館の連携について考えることができた分科会でした。
午後の施設見学では、岐阜市歴史博物館と織田信長居館跡や発掘現場を見学しました。居館跡や発掘現場を見て、説明をきき、戦国時代のファンでもある私は信長の息使いが聞こえるようで、感動しました。
 その後、久しぶりに名古屋のY場トンでみそかつを食べて、帰路につきました。充実した、楽しい1日を過ごしました。
*【以上報告】***********************************************
ということで、会員館園職員の皆さんは23日報告会をお楽しみに、そしてそれ以外の皆さんはこの研修が三重県内の博物館活動に活かされる日をお待ち下さい。といいつつ、学校教育と博物館の関係は、現場では重要な課題として認識されておりますので、23日の報告会での議論はすぐ活用されるかと思います。
スポンサーサイト
[2013/12/30 18:05] | 行事報告 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。