スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」9/24日分
山田奉行所記念館でした!

まだ録画した状態で見ることが出来てません、すいません(´;ω;`)

そうそうAGちゃん、ご結婚おめでとうございます。

これで三重県学芸業界の誇る若手イケメン眼鏡三銃士(長い)もすべて既婚者となりましたね。

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

名物コーナーも20回。長く続いています!

130401#01 本居宣長記念館 松阪市
130408#02 三重県立美術館 津市
130415#03 亀山歴史博物館 亀山市
130422#04 三重県総合博物館(仮) 津市
130429    お休み
130506#05 はにわ館 松阪市
130513#06 真珠博物館 鳥羽市
130520#07 マコンデ美術館 伊勢市
130527    お休み
130603    お休み
130610#08 海の博物館 鳥羽市
130617#09 ルーブル彫刻美術館 津市
130624    お休み
130701#10 大黒屋光太夫記念館 鈴鹿市
130708#11 伊勢現代美術館 南伊勢町
130715#12 松浦武四郎記念館 松阪市
130722    お休み
130729#13 高田本山専修寺宝物館 津市
130805#14 鈴鹿市考古博物館 鈴鹿市
130812#15 伊賀流忍者博物館 伊賀市
130819#16 熊野市紀和鉱山資料館 熊野市
130826    お休み
130902#17 伊勢型紙資料館 鈴鹿市
130909#18 桑名市博物館 桑名市
130916#19 神宮徴古館 伊勢市
130923#20 山田奉行所記念館 伊勢市

伊勢伸びてきてますね。遷宮効果?

(1)中勢・南勢方面が出やすい
(2)2週連続同じ市からは出ない ←#19・20と伊勢市が連続!
(3)重複傾向あり(20回中・津市4回・松阪市・鈴鹿市・伊勢市3回で計13回)
(4)水族館さんなどはいわゆるコーナーカテゴリに入っていない可能性がある。
(5)「資料館」は紹介されたことがない。←#16鉱山資料館が初!

◎朝日町歴史博物館
○斎宮歴史博物館
▲石水博物館

朝日歴博さんでは俳文学の世界展を開催中。10月13日まで。

斎宮歴博さんは斎宮誕生が10月5日から。

石水さんは10月4日から没後50年の特別展で、川喜田半泥子がみた名品が開催されます。

三重県の博物館が紹介される、三重テレビ「とっても ワクドキ」内「行って、見よう!博物館」をお楽しみに!
スポンサーサイト
[2013/09/29 23:45] | 未分類 | page top
新県博見学会(東海三県博物館協会研究交流会が開催されました1)
 9月12日東海三県博物館協会研究交流会が開催されました。
 午前中はオプションとして三重の新県立博物館「三重県総合博物館」の見学会が行われました。
 午後からは、三重県立美術館に会場を移しまして、交流会が行われ、三県の報告と座談会が行われました。
 まずは、午前中の新博物館の見学の様子をレポートします。
吉田三博協副会長のあいさつと、布谷理事(県博館長)の概要紹介からはじまり、県内班、県外班とわかれ
て見学をスタートいたしました。県内班の案内は岸田事務局長(県博)で、県外班は布谷理事(県博)で行い
ました。
レクチャー前
≪県内の皆さんが見学会へ出発≫

布谷館長の解説
≪県外の皆さんへ説明する布谷理事(県博)≫

県外班学習交流スペース前
≪ミエゾウの足跡の上に立つ県外の皆さん≫

その他、それぞれの専門職からの解説も行われました。現在、建築整備中ということもあって、建築技師が2名県立博物館に籍を置いております。その内の若手田畑技師からの補足説明も行われました。
建築技師からの案内
≪建築技師からの補足説明≫

また、県博の保存科学担当の学芸員からは、バックヤードや収蔵環境を中心に補足説明が行われました。現在、三博協事務局では台風時などを中心に、災害時に県内の情報収集をおこなっています。これまでに水害、その後のカビ等の発生などの相談を受けております。その際、事務局として、県博担当者と県教委、県史編さんGに情報を投げて具体的にアドバイスしてもらっていますが、特に保存環境の専門家となるのがこの人です。
バックヤード部分での保存担当学芸員の解説
≪保存担当学芸員からの補足説明―右真ん中の横向きの人です―≫

また、日常的な保存に関わるご相談ありましたら、三博協事務局までご連絡ください。

 ということで、事務局の置かれている三重県立博物館のスタッフ紹介も兼ねて、少々自己中心的な事務局からの手前味噌レポートでした。
[2013/09/21 13:54] | 行事報告 | page top
半沢直樹 -歴史編-
光太夫の拠点、白子港の歴史紹介 鈴鹿で特別展

紹介されてました。お近くの人はぜひ!

さて明日日曜はいよいよ半沢最終回。
歴史学としてはやはり、

「高床式倉庫で穀物を守るためにつけられた工夫といえば…」
「ネズミ返しだ!」

「明智光秀を打ち取るために秀吉が毛利と和睦して…」
「中国大返しだ!」

「熊本城の石垣といえば…」
「武者返しだ!」

「天保改革時に江戸出稼ぎ人の帰農を奨励した…」
「人返しだ!」

「中近世の契約手法のひとつで、売却金額を戻せば物件が回復する…」
「本銭返しだ!」

あたりは嗜んでおきたいものです。
[2013/09/21 11:26] | 未分類 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」9/9&16日分
1週抜けました、すみません。「月曜日の名物コーナー」、『行って!見よう!博物館』のコーナーです。

9日は桑名市博物館。
眼鏡アイドル学芸員のSZKさんと猫好きのSIT館長による『武門の縁』展のPRでした。
稲葉さんとの絡みも中々盛り上がったんじゃないでしょうか。
10月12日より開催される『北斎・広重・国芳』展の話も出ていましたね。
本当に色々な苦労を乗り越えての(まだ乗り越えてない苦労も山ほどあるんですけどね)展覧会ですので、お見逃しなく。
これだけ「桑名」が描かれた浮世絵が集まるのは空前絶後でしょう。ぜひお楽しみに!
また遷宮を記念しまして東海道伊勢七宿の浮世絵も展示されます~。

また、絵はがき総選挙やらこどもチャレンジシートなど様々な館の取り組みを紹介していただけました。
ありがとうございます。

16日は神宮徴古館。
遷宮が間近ですので、徴古館だけでなくせんぐう館などもあわせての紹介でした。
いよいよですものね。稲葉さんが「高貴な雰囲気が」とコメントされていらっしゃいましたが、落ち着いたご案内をしていただきました。
徴古館の建物を稲葉さんが「ゴルフのクラブハウスみたい!」と仰っておられましたがさすが旦那さまがプロゴルファーならではのコメントですね。片山東熊先生も驚いているでしょう。東熊先生の現存作品の中では鳥取の仁風閣がクラブハウスに似てる気もします。

▼仁風閣(鳥取県博のすぐ前にあります)
仁風閣 作業用


しかし中津さんの「いつ行くの?今でしょ!」とのコメントに稲葉さんが完全スルーをされた対応は完全に倍返しでしたね。じぇじぇ!( ' jj ' )

130401#01 本居宣長記念館 松阪市
130408#02 三重県立美術館 津市
130415#03 亀山歴史博物館 亀山市
130422#04 三重県総合博物館(仮) 津市
130429    お休み
130506#05 はにわ館 松阪市
130513#06 真珠博物館 鳥羽市
130520#07 マコンデ美術館 伊勢市
130527    お休み
130603    お休み
130610#08 海の博物館 鳥羽市
130617#09 ルーブル彫刻美術館 津市
130624    お休み
130701#10 大黒屋光太夫記念館 鈴鹿市
130708#11 伊勢現代美術館 南伊勢町
130715#12 松浦武四郎記念館 松阪市
130722    お休み
130729#13 高田本山専修寺宝物館 津市
130805#14 鈴鹿市考古博物館 鈴鹿市
130812#15 伊賀流忍者博物館 伊賀市
130819#16 熊野市紀和鉱山資料館 熊野市
130826    お休み
130902#17 伊勢型紙資料館 鈴鹿市
130909#18 桑名市博物館 桑名市
130916#19 神宮徴古館 伊勢市

北勢はようやく桑名が出ました。

(1)中勢・南勢方面が出やすい
(2)2週連続同じ市からは出ない
(3)重複傾向あり(19回中・津市4回・松阪市・鈴鹿市3回で計10回)
(4)水族館さんなどはいわゆるコーナーカテゴリに入っていない可能性がある。
(5)「資料館」は紹介されたことがない。←#16鉱山資料館が初!

次週はいよいよ20回目。北勢に振ってみましょう。

◎四日市市立博物館
○朝日町歴史博物館
▲澄懐堂美術館

三重県の博物館が紹介される、三重テレビ「とっても ワクドキ」内「行って、見よう!博物館」をお楽しみに!
[2013/09/17 12:45] | 未分類 | page top
三重県立博物館探検ツアー
おはようございます。
次回予告のままとなっておりました。
8月23日に行われた、第6回WGですが、
会議終了後、県博O田さんにご案内いただき、
県博の中を見学させていただきました。
その模様を少しご紹介させていただきます~(・o・)ノ

今回の探検ツアーでは、県博の展示室・収蔵庫・そのほかの博物館スペースを
ご案内いただきました。それでは参りましょう。

まずは、展示室です。
CA3H02200001.jpg

展示室に入ると、収蔵庫に入りきらない資料が
展示ケース内に保管してありました。
実は、私は県博での展覧会を見学したことがありません。
どんな風に展示されていたのかな~と思いながら次の部屋に進むと、
奥でシャッターが開く音と共に、外からの明るい光が差しこんできました。

CA3H02220001.jpg
ま、まぶしい(>_<)!


「・・・こちらから外に出ますよ~。」
ここは、県博の正面の玄関です。ここが入口だったのですね。
外からみると、こんな感じです。↓
CA3H02250001.jpg


県博の正面につながっているのでした。
そうして外に出た一行は、木造棟へ向かいます。
木造棟は、体験教室や会議室などにも使われた建物です。


CA3H02270001.jpg
中庭の植物たちは暑さに負けず元気に葉を伸ばしていますね!
きれいに手入れをされた花壇を見ながら更に奥へと進みますが、

さてこの奥の、県博にいる生き物と言えば…

そうです。さんちゃんです!

CA3H02300001.jpg
「さんちゃん、いる?」
「おるおる!よく見てみやぁ~」
「あ!思っていたより大きい。」
さんちゃんは、ゆっくりとした動作でこちらの様子を覗きかえしました。
みなさん、どうか忘れて行かないでね。



さて。外回りのあとは、館内の収蔵庫を見せていただきました。
収蔵庫内に入った所で、今にも動き出しそうな剥製の動物たちと目が合うと、
わかっていても「わ!」と声をあげてしまいます。
植物や動物の剥製をはじめ、民具から歴史資料まで、所狭しと、収蔵庫に保管されていました。
収蔵庫で資料たちはずっと待っています。今度は新しい県博の展示室でお会いしましょう(^^)

整理が進んでいる棚もあり、館内の備品等も、どんどん新県博へお引っ越ししています。
CA3H02340001.jpg



最後は、屋上へ抜け、県博の廻りをぐるっと一望。
CA3H02360001.jpg

風が気持ちいいですね。この景色も見納めです。
O田さん、県博のすみずみまでご案内いただきましてありがとうございました。

長くなりましたが、これにて探検ツアーは終了です。
新県博の方へも、またお邪魔したいと思います!
[2013/09/13 08:54] | 未分類 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」9/2日分
ようやく朝晩が秋めいて来ましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先週は伊勢型紙資料館でした。精緻な型紙と感服する技術が紹介されていましたね。

伊勢型紙とは三重県の誇る伝統工芸です。

昨年は三重県立美術館でKATAGAMI Style展が開催され話題となり、改めて注目されています。カンナムスタイルではありません。

130401#01 本居宣長記念館 松阪市
130408#02 三重県立美術館 津市
130415#03 亀山歴史博物館 亀山市
130422#04 三重県総合博物館(仮) 津市
130429    お休み
130506#05 はにわ館 松阪市
130513#06 真珠博物館 鳥羽市
130520#07 マコンデ美術館 伊勢市
130527    お休み
130603    お休み
130610#08 海の博物館 鳥羽市
130617#09 ルーブル彫刻美術館 津市
130624    お休み
130701#10 大黒屋光太夫記念館 鈴鹿市
130708#11 伊勢現代美術館 南伊勢町
130715#12 松浦武四郎記念館 松阪市
130722    お休み
130729#13 高田本山専修寺宝物館 津市
130805#14 鈴鹿市考古博物館 鈴鹿市
130812#15 伊賀流忍者博物館 伊賀市
130819#16 熊野市紀和鉱山資料館 熊野市
130826    お休み
130902#17 伊勢型紙資料館 鈴鹿市

まさかの2週連続の「資料館」でしたねぇ。しかも鈴鹿が3回目で有力ドコロに仲間入りです。

(1)中勢・南勢方面が出やすい
(2)2週連続同じ市からは出ない
(3)重複傾向あり(17回中・津市4回・松阪市・鈴鹿市3回で計10回)
(4)水族館さんなどはいわゆるコーナーカテゴリに入っていない可能性がある。
(5)「資料館」は紹介されたことがない。←#16鉱山資料館が初!

次週は1点予想です。

◎桑名市博物館

三重県の博物館が紹介される、三重テレビ「とっても ワクドキ」内「行って、見よう!博物館」をお楽しみに!
[2013/09/06 23:03] | 未分類 | page top
第6回WGのレポート ~県博会議室に集合ですよ!~

先日8月23日(金)に第6回三博協ワーキンググループの会議が行われました。
だいぶ時間が経ってしまいましたが、会議の模様をご報告申し上げます。

今回の主な議題は、下記の2点でした。
・9月12日(木)に新県博で行われる、東海三県博物館協会交流会の事前打ち合わせ。
・三博協40周年記念合同企画展「我が館はここから始まった(仮)」について。

会議では、前回に引き続き、合同企画展の展示プランを元に、
三重県総合博物館の新しい展示室を想像しながら、
メンバーが意見を出し合って議論をすすめています。

展示の構成の変更等により、追加で資料の出品を依頼したり、
展覧会の運営に関して、作業の分担をお願いしたりする場合があります。
みなさま今後とも、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。



さてさて、今回のWGの会場は、県博の3階会議室だったのですが、
会議終了後、県博の中を探検させていただきました。
その探検の内容につきましてはまた改めてブログにアップさせていただきます。
[2013/09/05 03:42] | WG | page top
出張中
こんばんわ~、現在福島県白河市へ出張中です。

持ってきた仕事を片付けつつ、20時になったら『八重の桜』を見ようと考えていますが、先週は凄かったですね。


勝地涼。


もう勝地さんの魅力が凝縮した一週間だったように思います。

日曜の『八重の桜』では久方ぶりに帰って来た山川健次郎が、「自分は学問で生きていく」と決意するシーンを演じてらっしゃいました。

会津人が、明治という時代に懸命に生き抜いていこうとする姿勢を感じさせるとても心に残る演技でした。


…ところが。

月曜の『あまちゃん』ではまさかの

前髪クネ男((;゚Д゚)

もうね、振り幅が凄い。外角高めから内角低めへのスライダーのように。(バレンティンならスタンドでしょうけど)。

役者さんの演技力には本当に関心させられました。

三谷幸喜の名作『12人の優しい日本人』で、●川●司(ネタばれ防止の為伏字)が「役者のすごさ・すばらしさ」を見せてくれましたが、それ以来の感動かも知れません。

にしても日→月のこの流れ、確実にNHKに策士がおりますな。(オーベルシュタイン並の)

そうそう北勢関係の学芸告知をひとつ。

●朝日町歴史博物館
・9月14日から「俳文学の世界展」を開催。

●桑名市博物館
・9月7日から「武門の縁(えにし) 忍・桑名・白河 幕末への軌跡」が開催されます。
・わりと良い刀・鎧でます。
・伊達政宗直筆書状などもみどころ。

●パラミタミュージアム
・9月5日から「‘12日本のガラス展 紡がれた現代ガラス」を開催。

●四日市市立博物館
・9月21日から「日本近代洋画への道」を開催。

芸術の秋、ぜひ近くのミュージアムに行って、見よう!(*^∀゚)bグッ!
[2013/09/01 19:19] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。