スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
周辺見学会(事務局篇)
 さて事務局は、会場の後片付けを、というところで事務局長と理事には周辺見学会にいっていただきました。会場の片づけは、机の種類にてまどり、結局、松阪市文化財センターの皆さんのお世話になりました。「小さな親切余計なお世話」的な対応をしてしまい、すみませんでした。最初から最後まで、松阪市文化財センターの皆さんありがとうございました。
 事務局は会場から、荷物を撤収し、周辺見学会の終着点「松阪商人の館」に先回りしまして、周辺見学会参加者の荷物を運びました(希望者の荷物)。さすがに書類をいっぱい持って歩くのはつらいと思いましたので、皆さんにお声掛けさせてもらいました。
 松阪商人の館到着後、荷物を置かせていただき、館から参加しているF谷主幹とお別れし、事務局員2人は事務局長を探して、宣長記念館まで、てくてくと参ったのでした。展示をみられるとおもったものの、皆さんちょうど宣長記念館の展示室からの階段を下りてくるところでしたので、残念ながら展示は見られず、元来た道を戻ることとなりました。

《本居記念館から松阪城へ》
本居記念館からお城へ
スポンサーサイト
[2013/05/31 13:28] | 行事報告 | page top
三博協総会 参加者編③
情報交換会も終わり、つぎはいよいよ巡検です!

P1110225.jpg

まずは松阪城にある松阪歴民と本居宣長記念館へむかいます。

石垣登る気マンマンの鈴鹿のD田さんとどっちが先に登れるか競争しましょうよ!と挑む桑名のS木さんの図です。

P1110226.jpg

「石垣は登ってはいけません!」と今回の巡検ガイドをつとめていただいた松阪市のK本さんです。
色々とコーディネイトありがとうございました!

P1110229.jpg

お城から御城番(ごじょうばん)屋敷を見学。時間の関係で廻ることは出来ませんでしたが、K本さんにご説明いただき、参加者一同で勉強をいたしました。

しかし松阪城は良いですね。まさに「城のある町にて」です。

時間の関係で松阪市歴史民俗資料館には廻れませんでしたのでここで宣伝。お近くの方はぜひお出かけください!
[2013/05/31 00:10] | 未分類 | page top
総会後の情報交換会を開催しました(事務局篇)
 総会に続き情報交換会です。
 まずは、博物館との連携を考えている団体の発表です。

《三重県生涯学習センターより》
生涯学習C生田さんから報告

 三重県生涯学習センターは、みえミュージアムセミナーということで、博物館の紹介を積極的にしていただいております。

 生涯学習センターの報告も終わり、情報交換会のホンチャンです。
 情報交換会というと、会議が終わった後にべつだてで行われる懇親会を想起しますが、さにあらず。三博協では、飲み物なしで、本当に情報を交換し合います。
 毎年、総会の議長が、仕切って1館ずつ当てて報告してもらいます。
 今回は、最初にあたった桑名の提案で順々に発言していくこととなりました。
 そんなことで、一人づつ発言し、事務局以外全員発言するという会議になりました。従来でも、全参加機関発言というのは大変珍しい企画ですが、たまたま、役職が上のものから下のものまでの、全員発言は大変面白い取り組みになりました。
 この、情報交換会、各館から現状と、取り組みを報告いただきましたが、キーワードとなったのが、「変革の時期である」とか「サバイバル」だとか、この厳しい世の中をなんとか泳ぎ切ろうという決意でありました。
 40周年記念事業も、その厳しい流れをはねのける一つの取組になればと考える次第です。

《ワーキング参加館の藤原岳自然科学館安田館長の発言》
WGメンバーの発言
[2013/05/29 17:43] | 行事報告 | page top
総会を開催しました(事務局篇2)
 会場に人が集まり、最初に会場館松阪市文化財センターから戸田所長の挨拶と、岸本さんによる概要説明を頂きました。

《戸田所長の挨拶》
戸田所長の挨拶
《岸本さんによる松阪市文化財センターはにわ館の施設紹介》
概要説明する岸本さん

 さて、このブログ、三重県博物館協会事務局(県博)の人間と、40周年WG参加の某館の人間が書いているのですが、まずは、事務局の姿をこのブログ上で初披露いたします。

《事務局》
事務局

 今回は、役員改選の年ですが、理事についてはそのまま再任されることとなりました。
 中村会長の代わりに松月副会長が挨拶をしました。

《新理事会からの挨拶:松月真珠博館長》
新役員選任

 新理事会は
 会 長 中村幸昭(鳥羽水族館名誉館長)
 副会長 松月清郎(真珠博物館館長)
 副会長 吉田悦之(本居宣長記念館館長)
 理 事 谷岡経津子(四日市市立博物館館長)
 理 事 布谷知夫(三重県立博物館館長)

 となりました。

 また、運営委員は、全館交代いたしまして。
  四日市市立博物館の秦さん⇒朝日町歴史博物館の浅川さん
  亀山市歴史博物館の小林さん⇒石水博物館の龍泉寺さん
  松阪市文化財センターの木之本さん⇒松阪市文化財センターの岸本さん
  志摩市磯部郷土資料館の崎川館長さん⇒伊勢市教委の奥野さん
 となりました。

 なお、事業計画などは無事承認されました。基本的には、40周年記念事業に全力を傾けていくこと。
 東海三県の博物館協会研究交流会を9月12日に津で行うことなどが決まりました。
これを受けて、昨日今日と、岐阜・愛知と事務局は連絡をとっております。
[2013/05/29 12:07] | 未分類 | page top
三博協総会 参加者編②
さて会議は13:30からなのでバスで会場に向かいます。
歩けない距離ではないのですが、やはり文明の利器を用い、松阪市に少しでもお金を落とすことで経済効果を狙いたいところです。

P1110202.jpg

会場は松阪市文化財センター、はにわ館です。第三ギャラリーを総会で使用させていただきます。
レンガ作りの素敵な建物です。

P1110204.jpg

今年は参加者も多く、あちらこちらで挨拶など。なかなか三重県のミュージアム関係者が一堂に顔をそろえることというのは無いので、貴重な機会なんだなあと改めて実感。

P1110209.jpg

松阪市の担当の方が挨拶され、粛々と議事が進行していく中でこのカメラ目線!さすが輪中の郷のMさんです。

P1110215.jpg

今年度から新たに三博協に仲間入りされた川越町の担当者の方たちです。これからも宜しくお願いします!

あと2館、新しく仲間入りした館もございます。おいおい紹介していけたらと思っておりますので、その節は宜しくお願い致します。
[2013/05/28 22:58] | 未分類 | page top
総会を開催しました(事務局篇1)
5月24日総会を無事終えました。
 今回は、研修報告会は行いませんので、パワポなどの準備はないものの、周辺施設の視察や、懇親会なども予定されておりますので、諸調整もかかせないところです。
 今回は、事務局3人と、理事を務めている我が県博館長、事務局以外の館員1人の合計5名で向かいます。
 朝から、前日に行った準備を再確認しつつ、2人がかりでもろもろの準備を終え、別の仕事を黙々としたり、会議をしている他の出席予定者に声をかけて回り、車に追いやり、なんとか事務局は午前11時前に県博を出発し、松阪市文化財センターを目指しました。
 到着後、直ちに会場の準備にかかろうとしましたら、なんと松坂市文化財センターのご厚意で前日に机椅子をほとんど、準備いただいたとのこと。戸田所長、岸本さんはじめ、センターの皆様に対して感謝感激であります。今回は周辺見学会を行うにあたり、松阪市文化財センターに完全におんぶりだっこにもなっておりましたので、さらに大感謝大感激なのでした。
 三重県博物館協会の総会は理事が前に座り、会長が議事をすすめる形で進行していきます。その他に、役職としては運営委員と監事がありますが、運営委員は日常的には会務の実施の責任をおっているのですが総会では特に役割はありません。一方監事は会計監査の大役がございます。
 ということで、理事席のセッティング、事務局席、受付席、マイクなどの設定を終えて、近所に昼飯をかきこみにいきました。昼食は、我が館のF谷氏のお勧めにより近所のお蕎麦屋さんでなんと中華そばを。これも、前日からF谷氏から提案があり、書類準備同様用意周到に進めてきた計画なのでした。
 ありがたいことに、すぐ出てきたので、さっと食べて、私だけ、理事の迎えなど向かうため先に退散いたしました。しかし、さっぱりして野菜も多くて美味かった!
 お迎えなどもろもろしていて、文化財センターに戻った時には、会員館園の出席者が多数来ていただいている状況でした。
(次に総会の中身を書かせてもらいます)
[2013/05/26 17:55] | 未分類 | page top
三博協 総会 松阪探訪編
5月24日に松阪市文化財センターで三重県博物館協会の総会が行われましたのでそれに出席。

その前にまずは津の石水博物館で林原美術館の所蔵名品展を見学。

能衣装のきらびやかさと、素敵な鍋島が堪能出来ます。
私は個人的に鍋島が好きなので、とても「俺得」な展覧会でした。7月28日まで。

さて、津を出て松阪へ。まずはお昼を食べねばなりません。松阪駅南口を出て左手にある浅野屋さん。

P1110190.jpg

P1110189.jpg

上:日替わり定食 下:豪快丼。なかなかに美味でした。

お腹も一杯になったので、バスの時間まですこし松阪の街を散策。

P1110193.jpg

最近はやりですね。

P1110196.jpg

小津安二郎青春館を見学。日本を代表する映画監督・小津が青春時代を過ごした場所にある資料館です。(資料代100円)。火事の被害にあわなかった土蔵に残された小津に関する資料が展示されています。

さて腹ごなしもすみました。バスの時間ももうすぐです。会場であるはにわ館に向かいましょう!
[2013/05/25 23:38] | 未分類 | page top
現在総会の準備をしております
 明日は、1年に一度の三重県博物館協会の総会です。
 三重県博物館協会の1年間の活動方針を定める重要な会で、県内から協会加盟館園の皆さんが出席します。
 出欠の集計をいたしましたら、昨年度より多くの館が参加する模様です。
会場は松阪市文化財センターのギャラリーで開催されます。会場の準備を、明日、会場館の皆さんと一緒に行おうと思っておりましたが、お気遣いいただき、今日ある程度していただいたようです。感謝感激です。
 
 今年度の総会は、新機軸として周辺の館園の見学会を日程に組み入れました。明日は、天気予報で見ると晴れの様、あまり暑くなりすぎないようにあればなあ。はたしてどうなるやら。そして、そのあとは久しぶりに企画しました懇親会です。昨年、ワーキンググループで議論している中で、お互いの館をあまり見ていないということや、見る機会が意外に少ないという意見がありました。
 こんな意外な実態もあります。私も、三重県博物館協会加盟館園すべてにいったことがあるかというと、微妙なところがございます。そんなところも、フォローする協会でなければと、個人的には考えております。

 さて、明日の書類関係は、現在突貫作業で、私が準備をしております。この総会を経て、40周年記念事業が、更にその先へ進むこととなりまます。また、明日以降、事業計画が可決されましたら、40周年記念事業の詳細をお知らせしていければと思います。
[2013/05/23 17:08] | 未分類 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」5/20日分
恒例の「行って、見よう!博物館」ですがマコンデ美術館さんでした!

今回は用事があり見ることが出来ませんでした…残念…


130401 本居宣長記念館 松阪市
130408 三重県立美術館 津市
130415 亀山歴史博物館 亀山市
130422 三重県総合博物館(仮) 津市
130429 お休み
130506 はにわ館 松阪市
130513 真珠博物館 鳥羽市
130520 マコンデ美術館 伊勢市

しかし…あいもかわらず当たりません(つд`)

前回予想は北勢に逆フリがあるかと網を張って、パラミタさんを予想してたのですが(実際パラミタさんは別の回で紹介されたのですが)、ダメでした。そのパラミタさんの伊東深水展の案内の際に出演されていた担当の学芸員Iさんの紹介がそれはそれは素敵でしたね。

さて、確かに伊勢はこれまで出てなかったので、ボチボチ…といったところではあったのですが。

こんな予想では今週のダービーも思いやられます。閑話休題。

次回。7週も続くとデータも集まり、次への予測の助けとなります。

(1)中勢・南勢方面が出やすい
(2)2週連続同じ市からは出ない
(3)重複傾向あり(7回中松阪・津が2回で計4回)
(4)水族館さんなどはいわゆるコーナーカテゴリに入っていない可能性がある。

上記4条件から、まず先週出た伊勢市を除外。2回でた松阪・津も除外。さすがに一度も出てない市町がある中で3回目は無いでしょう。
そうした中で中勢以南を見渡すと…まず1回出た鳥羽。あと明和町、多気町。その他条件勘案して…

◎斎宮歴史博物館
○海の博物館
▲多気町郷土資料館

の3館でいかがでしょうか。三重県の博物館が紹介される、三重テレビ「とっても ワクドキ」内「行って、見よう!博物館」をお楽しみに!
[2013/05/22 21:21] | 未分類 | page top
仮ブログを振り返って
来週5月24日に三博協の総会があるので、本ブログの簡単なまとめをしておきたいと思います。

数値はすべて5月18日現在。

●記事数
2013/05 (7)
2013/04 (10)
2013/03 (7)
2013/02 (22)
2013/01 (12)
2012/12 (12)

合計70本の記事。月あたり11本と少し。ペースでいうと3日に1本です。中の人は二人なので、まずまずといったところでしょうか。

●筆者別記事数
中の人A 45本 中の人B 25本

この数値はもう少し是正したいところ。

●閲覧数
カウンタが1,092人。

月別   UA TA
2013/02 192 514
2013/03 268 482
2013/04 235 446
2013/05 217 548
合計   912  1,990

ひと月アクセス500弱だとまずまずでしょうか。

●地域別アクセス数
やはり三重県が圧倒的です(当たり前)。東京が多いのは人口と「三博協」での検索結果かも知れません。
[2013/05/18 23:17] | 未分類 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」5/13日分
恒例の「行って、見よう!博物館」です。

5月13日放送分で取り上げられたのは「ミキモト真珠島真珠博物館」でした!
M月館長がいつもとかわらぬダンディな紳士ぶりを披露されてましたね。

130401 本居宣長記念館 松阪市
130408 三重県立美術館 津市
130415 亀山歴史博物館 亀山市
130422 三重県総合博物館(仮) 津市
130429 お休み
130506 はにわ館 松阪市
130513 真珠博物館 鳥羽市

県と市および民間施設を繰り返す振り子理論が破綻したものの、南寄りの傾向は変わらず続いています。

鳥羽水あたりは(位置的には)かすったといってもいいところなのですが、読みが浅かったですね。

さて次回。
これだけ南が続くともうぼちぼち北に振りたいところ。思い切って全て北に振ってみましょうか。

◎パラミタミュージアム
○四日市市立博物館
▲佐々木信綱記念館

文学系もここらで来るのではと信綱入れてみました。宣長に続く個人名系(すごい区分ですね)が来ますでしょうか。またお楽しみに!
[2013/05/14 16:58] | 未分類 | page top
鷹ヶ峰から千本北大路、そして京博。
先日調査がてら京都へ行ってきましたのでそのご報告。

今回の目当ては鷹ヶ峰常照寺と上品蓮台寺。両方とも幕末桑名藩ゆかりの地である。

常照寺は北大路バスターミナルから「北1」系統で鷹ヶ峰源光院前で降りる。徒歩すぐ。

ここは安政6年に桑名藩主・松平定猷(さだみち)が京都警護を命じられた際に陣屋を置いたお寺。

P1100859.jpg

このあたりはいわゆる鷹ヶ峰にあたり、本阿弥光悦ゆかりの土地。このあたりを150年程前に桑名藩士が闊歩していたと想像するのも面白い。

周囲には伏見城遺構の「血天井」で知られる源光院や光悦ゆかりの光悦寺もある。光悦寺は200円増すと収蔵庫の中が展示室になっていて、見学させていただける。

再びバスに乗り今度は千本北大路、いわゆる「千北」へ。千北といえば佛大さん、ラーメンならタンポポである。

千本通りを下ると右手に上品蓮台寺(ジョウボンレンダイジ)。ここに幕末期桑名藩の在京藩士たちが移ってくる。

P1100910.jpg

会津藩だと駐屯場所として黒谷の金戒光明寺がよく知られているが、桑名藩はほとんど知られていない。

まぁ京都所司代なので、二条城北に役宅もあるし、その周辺にもいわゆる所司代屋敷はあるので収容しきれそうなものだが、平時ではないのでそうもいかなかったようである。常照寺から蓮台寺への移動は藩士たちに心理的にも、物理的にも余裕をもたらしたのではないだろうか。

ひとつは、洛外から洛中への移動による心理的バリアの払拭である。もう一つは、千本通を下ればすぐ所司代屋敷に詰めることが出来る点である。千本通をくだり千本今出川を左折すると二条城の北に出る。すなわち所司代屋敷である。そのまま下れば守護職役宅にも出られる。在京幕閣の権力中枢にアクセスが向上した点は、在所の桑名が京都と比較的近いことも相まって一会桑における桑名藩の地位を相対的に高めたのではないだろうか。ちなみにmapionの距離測だと蓮台寺-所司代は徒歩で約1時間、ジョギングで22分。

ちなみに黒谷からは御所まで約40分、二条城までは1時間。二条城まで1時間の距離の東と北西に会津と桑名が陣取っていたのはなかなか面白い。

P1100946.jpg

最後は京博。現在は南門が工事中なので真正面に見据えて入ることは出来ないが、小さい頃から来ていたトコロはやはり格別だ。
[2013/05/13 00:22] | 未分類 | page top
本日は三重県博物館協会理事会でした
 本日は三重県博物館協会の理事会でした。会長をはじめとする、理事の皆さんに集まっていただき、運営委員が練った運営案についてご議論いただきました。また、新規入会は会長への報告と、理事会の承認が必要ですので、この場で審議されました。3館の入館が決定しましたので、また総会で皆さんに報告することとなります。

 また、ワーキングで練り上げました40周年記念事業の案についても、理事の皆さんからご意見いただきました。ワーキングでは、記念展のテーマを「我が館はここからはじまった」と設定いたしましたが、これについて、開館時の各館の苦労が伝えることができる、よいテーマであるとのご意見をいただきました。開館時の苦労については、ワーキングであまり出なかった論点でしたが、確かに仰せごもっともで、この点をうまく描ければ、よりドラマチックな面が出せるように思えました。

 終始、おなじみの中村会長のユーモアあふれる会話が混じる、議事進行でありました。

 さて、事務局は52館の過半数の館から職員録の基礎情報を得ましたので、現在編集に取り掛かっております。
昨年より早く発行することを目的に頑張ります。なかなか、全52館の情報をわたくしひとりで編集していくのはしんどい作業でありますが、いち早く、各館園にどんな人がおられるのかを知ることを、喜びを感じ邁進いたします。
[2013/05/09 23:07] | 未分類 | page top
三重テレビ「とってもワクドキ!」情報
恒例の「行って、見よう!博物館」です。


5月6日放送分で取り上げられたのは…「はにわ館」でした!


130401 本居宣長記念館 松阪市
130408 三重県立美術館 津市
130415 亀山歴史博物館 亀山市
130422 三重県総合博物館(仮) 津市
130429 お休み
130506 はにわ館 松阪市

県施設、市および民間施設という振り子理論は機能したものの、残念ながらハズレでした。
また次回頑張ります。

しかしこれまで5回で松阪2回・津2回というのは相当出目が寄ってますね。そこらあたりもヒントになるかもしれません。

さて次回。

振り子理論で行くと斎宮です。さすがにはにわ館の次に埋文センターは無いでしょうからすなおに斎宮本命。

対抗ですが、南寄りの傾向があるので、伊勢でせんぐう館。「博物館」という括りで番組サイドがとらえているか不明ですが、ダイオウグソクムシブームのここで触れるのもひとつの手段、ということで鳥羽水。

◎斎宮歴史博物館
○せんぐう館
▲鳥羽水族館
[2013/05/09 12:33] | メディア出演 | page top
【話題の】ダイオウグソクムシ【鳥羽水】
ダイオウグソクムシ:また餌拒否

もう見出しがおもろすぎる。ニコ動で60時間中継とか素晴らしい!こうして世間に届く仕掛けをすることがミュージアムの広報としては大切な技術ですね。

次は林先生にお願いして

林先生、グソクムシに「エサ食べるの、今でしょ!」と指導

あたりも今旬ネタで良いかも知れません。yahoo!のヘッドライン当確ですね。
[2013/05/03 23:35] | 未分類 | page top
業界で使える名言集
GW突入ということでネタをひとつ。

「それでも学芸ですか!軟弱者!」

展示案作成・業者発注・入札作成・校正校正校正…と展覧会を開催する前はやることがてんこ盛り。ついつい弱音を吐いてしまいそうになった後輩におすすめの一言です。

*****

「倒れなければ、どうということはない!」

いやいや!テグスなりやっときましょう!地震ケアは大事ですから!

*****

「展示室のスペースの違いが、構成の決定的差ではないことを教えてやる」

展示案は学芸の腕の見せ所。

******

「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」

これは、誰にでもある。うん。そのまま使えるね。

*****

現在の博物館を取り巻く環境について。

「寒い時代だと思わんか・・・?」

深い。ワッケイン司令…。
[2013/05/03 12:29] | 未分類 | page top
とある学芸員の日常
08:20 
出勤。GW明けなので書類山積。

08:30 
美人職員が高級珈琲を淹れてくれる。美味。頭をすっきりして仕事の段取りを組む。

08:35 
タスクを書きだす。やらなければいけない仕事を書いておかないとアホだから忘れてしまうのだ!その中から締切がある仕事(いわゆる「ケツ決め」)を優先的に進める。今日のマストは某所の原稿・財政課との調整の2つ。

08:45 秘書課から架電。

09:00 
メールなどに返信。某所の優秀な研究員が某所へ移ったのでその挨拶メール。この人のアドレスに超笑ったのだがまあそれは別の話(森本レオ)

09:15 
某市から秋の展覧会の出品作品のデータ下さいメール。今日はちょっと無理そう。

09:30 
某市の美人研究員から「フィルム貸して~♪」のメール処理。うちのフィルムアーカイヴにあればよいがと思い検索するとあるので(ただし2種類)、どっちいるの~?と返事。決して美人だから親切にしている訳ではない。開館準備。

10:15 
500文字の原稿書き上げる。ちょっと校正。

10:30 
合同企画展の内緒仕事のために市内某所。

11:30 
意外と時間取られた。そのまま本庁舎に行き秘書課と財政課で調整事項。文化課で某さんに捕まり、教育委員会だよりの原稿を頼まれる。5月15日締めって早いやん…。

12:15 館に戻りお昼。無論愛妻弁当である。

12:45 
食べ終わり、再度原稿校正。ちょっとずつ文字直す。職場で雑談。富士山世界遺産登録でS岡県美さんあたりは富士山展の準備で忙しくなりそうだよね、など。

13:15 
6月の展覧会のポスター・チラシの2校戻る。明日戻しなので今日中エンドの仕事が増えちゃった。

13:30 マスコミ取材対応。

14:00 
2校確認、一旦終了。大体良く直ってるので問題なし。帰る間際にもう一度見直そう。

14:25 
午後から分のメール処理。財政との調整事項はほぼ終了。

14:45 美人職員が作った書類の赤入れ。

15:00 
休憩しようとお茶を飲んでたら美人学芸員2名来館。情報交換も兼ねて一緒にお茶。繰り返すが決して美人だから親切にしている訳ではない。先日龍野に行った話をしてたら「どうして龍野になんか行ってウチの館には来てくれないの!ンもう!(`・ω・´)」と久しぶりに修羅場を経験する。

15:15 
業務に戻る。原稿校正して送信。データで送るから楽だよね。

15:30 市民来館、相談事項。

15:45 
わぁもう16時?購入予定資料のデジカメ撮影+調書作成+文書読解。

16:00 
今月出張先の地図を確認したり出張前準備。

16:30 
閉館準備。今日はあんまりお客さん来なかった…(つд`)

17:00 2校見直し。

17:15 
業務終了。6月展の展示プラン修正、合同展の請求書作成、寸法計り、復命書作成、記録作成、特別展の展示プラン・人権啓発ポスター作成など手つかずのところが多すぎ。明日またぼちぼち頑張ろう。

※すべてフィクションで、実在の人物・団体などとは一切関係がありません。
[2013/05/01 19:26] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。