スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
武四郎記念館で暁斎の絵が、武四郎の首飾りが!!!
 昨日は、協会関係の書類を渡す用事と、ちょうど武四郎に関心を持っている知り合いが東北からきていたので、松浦武四郎記念館へ行きました。ちょうど、学芸員の山本さんもちょうど出勤で、展示もやっぱりきて良かったという充実した内容でございました。ちなみに当ブログで既に紹介しておりますが、山本さんは、こんど武四郎のことをみえミュージアムセミナーでお話しされます。
 ぱっと目を引くのが、幕末から明治期に活躍した天才画家・河鍋暁斎が松浦武四郎の最期の姿を描いた「武四郎涅槃図」。もとからご所蔵のものですが、さすがに圧巻です。そして、東京の静嘉堂に残されていたことが判明した、武四郎愛蔵のコレクション(暁斎の絵の中に描かれた品)の数々が涅槃図を取り囲みます。まさに、涅槃図が立体になって飛び出てきたかのよう。静嘉堂所蔵の武四郎コレクションが、特別に出陳されているのも必見です。ばらばらに散っていた、武四郎愛蔵の品が、時空を超えて今、松阪市小野江に集まっているということにも感動でした。
 また、その中に武四郎の写真に写っている首飾りがありました。写真は白黒なのでさっぱりしたモノかと思いきや、かなりカラフルです。とはいえ、「武四郎涅槃図」にもカラフルに描かれているので、もともとカラフルなことはご研究されている皆さんはわかっていたのですね(不勉強ですみません)。
 イベントなども含めて詳細はHPでご確認下さい。

 武四郎の古物収集について、山本さんからは初期の文化材保存の話もからめたお話がありました。武四郎の好古、世古格太郎の文化財保存への関与、「博物館」という言葉を比較的早く使用した市川清流と、日本の博物史・博物館史を三重県の人物中心でかたるということも出来なくもなさそうです。

 さてさて、書類というのは、日本博物館協会の大会に関してです。山本さんには分科会の司会をしていただきますので。分科会のことについてもリサーチしたことを書き込んでいきたいですね。それと、日博協の全国大会の調整で、県内の館園の皆さんにいろいろご足労いただいていることから、当ブログのもとであるWGについて、展示後の反省会が開けずといった状態でした。これについてもなんとかせねばというところです。ブログを見ている、WG構成員の皆さま、折を見て動き始めますので、またなにとぞ宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
[2014/10/20 11:25] | 展覧会案内 | page top
40周年記念事業の展示が終わりました・ありがとうございました
 久しぶりの事務局からの書き込みです。
 本日、桑名市博さんのご協力もあり、三重県博物館協会40周年記念展の撤収作業が完了いたしました。
 みえむオープンの準備と前面での混雑の整理、三博協の補助金の申請と調整、三博協記念展の実行、三博協の体制移行、全国博物館大会の調整などふくめぶっ通しだった仕事も本日から、少しはおちつきそうです。また、最近本ブログへの書き込みも、容易なネット環境にやっともどりました。とはいえ、みえむの次の展示「開館記念企画展第3弾 でかいぞ ミエゾウ!~化石が語る巨大ゾウの世界~」の設営に、昨日私がそのままなだれこんでしまい、本日は全国博物館大会の事前調整で外回りをしていましたので、お礼かたがた記入することもできず、失礼いたしました。
 まずは、来ていただいた来場者の方、協会加盟館の皆様にお礼申し上げます。
 とはいえ、担当者としましては、今回の展示は、特にここからが本番だと考えております。昭和53年から約20年間県内全域を駆け巡った、全国的にも珍しいとりくみである三博協の移動展示、そして今回の合同展示について、その長所・短所について、反省しつつまとめ上げていく作業が必要になってまいります。
 2年前にこのワーキングでは、滋賀県の事例を聞くべく、講師をお招きしWGで研究会を催しましたが、今回の展示の結果を皆さんが分析できるように、当館で集めましたデータを集計する必要があります。まずは、その作業を事務局でおこなうように準備している次第です。
 また、今回の展示では、各館の個性あふれる展示技術がそれぞれのゾーンでさく裂していました。そして、展示会場では、日ごろ見ない他館の展示設営の状況をそれぞれ見ることとなり、いろいろな会話が生まれていました。私も浅い経験ですが、いろいろな資料を扱う施設で、これまで仕事をしたり、様子を見てきましたが、各施設、それぞれ独自のこだわりや技術をもっておられます。これをまじかで相互に見ることができる機会というのはそうそうございません。博物館に深いかかわりのある人なら、ご存じのとおりですが、「博物館・美術館・資料館・水族館」といってもその中身は各館でかなり異なっております。これをお互いにのぞき見れたはとても得難い機会だったのではないかと思います。
 こんな意外な機会を生み出したという点や、逆にもっとこうすれば事務局や各参加館は楽だったのに・・・といったアイデアや指摘なども集積していく必要があろうかと思われます。
 また、今回県内博物館のあゆみや三博協の移動展についてパネルとしてデータを集めましたので、それらを増補するような情報を、本ブログで掲載していければと考えております。
 とにもかくにも、皆様ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願い申し上げます。
[2014/07/18 20:29] | 展覧会案内 | page top
志摩市歴史民俗資料館1周年記念企画展『円空さんと志摩』の近況
 志摩市の崎川館長さんより現在開催中の企画展の近況レポートがありました!!

 志摩市歴史民俗資料館1周年記念の企画展として、『円空さんと志摩』を開催しています。
 
 ※12月1日まで。 月曜と28日が休館日。入館無料

 オープン前から、早くも全国の円空ファンからお問い合わせをいただき、11月1日にオープンしました。
 円空さんが志摩に来たのは延宝2年(1674)、43歳の時だとされています。まず、志摩に来た円空さんは、片田で大般若経を修復します。その時に、大般若経の見返しに58枚の仏絵を描きました。その後、立神に移り130枚の仏画を描きました。このように、円空さんの絵が残っていることはほかの地方にはあまりありません。円空さんは、一般的に仏像彫刻で知られていることは、皆さんもよくご存じの通りです。美濃国(現在の岐阜県)に生まれたといわれ、生涯で12万体の仏像を彫ろうとして、北は蝦夷地(現在の北海道)から、南は大和国奈良吉野(現在の奈良県)にいたるまで、各地を行脚いたしました。特に故郷の美濃や尾張(現在の愛知県)に多くの仏像を残しています。
 特に注目してほしいのが、片田の絵と立神の絵の違いです。描かれている、仏さんの数がどんどん減っていて、立神では、最後に1体になってしまっているんです。ある研究者によると、この志摩での経験が仏像を彫る上でのターニングポイントになっている。彫り方が変わってきて、ある意味、志摩で 技法が完成されたのでは、と言われています。
 志摩に来る前と来た後を見比べるというのは、円空さんの熱心なファンならばきっとする見方です。皆さんも、ここで見た志摩の円空像を目に焼き付け、全国各地に散らばる円空さんの仏像をみるとまた違った見方ができると思いますよ。
【赤川一博さんによるギャラリートークの様子その1】
ギャラリートークの様子2

 今回の様に、円空さんのものを一同に介して展示するのは、志摩では初めてとなります。公開するのは仏像が4体と仏画が16点と、ちょっと数は少ないのですが、間近で見られますので、志摩にもこんなに素晴らしい物があるんだ、と思っていただきたいと思います。
 円空さんの仏さんは『ほほえみの仏さん』と世間で言われている通り、大変癒やされるんです。
 アンケートに
「五知の円空さんを拝見させていただきたいという想いが叶い、大変うれしく思いました。」
「円空さんの絵を初めて観ました。やさしい如来さんに心が癒されました。」
などの感想をいただいています。
 ぜひ、志摩市歴史民俗資料館へ癒しをたずねてお越し下さい。
【赤川一博さんによるギャラリートークの様子 その2】
ギャラリートークの様子1
志摩市歴史民俗資料館HP
[2013/11/21 17:22] | 展覧会案内 | page top
三博協アートシーンです。
アジアの女性アーティスト展 アジアをつなぐ―境界を生きる女たち 1984-2012
三重県立美術館(津市)

AKBを凌ぐ勢いのMKB(三重県美)の展覧会です。ちなみに推しメンはマリコ様です。

P1110387.jpg

アジアの女性アーティストにスポットを当てた展覧会。そのテーマとしてあるのは「境界」です。性のはざま、出身地のはざまといったその「差異」を見つめる眼差しを強く感じました。

本展は福岡アジ美・沖縄県美博・栃木県美との共催となっていて、県美は入口が左側からのルートとなっております。写真・映像・造形などさまざまな表現手段が楽しめる展覧会です。造作も凝っているのでぜひ!(桃色だらけの部屋は一瞬みうらじゅんのスクラップ部屋かと思ったのは内緒です)。

P1110388.jpg

ランチもいただきました。三重県美のレストラン、ミュゼ・ボンヴィヴァンです。ボンヴィヴァンはフランス語で意味は「美食家」。海原雄山センセイではないですか!写真は前菜です。私はランチをいただいたのですが(豚肉の炭火焼きが美味!)、展覧会会期中にはスペシャルランチもやっているそうですのでこちらもぜひご賞味下さい!ちなみにデザートの「ガトー・おっぱい」というのはガトー少佐とは何の関係も無いようです。

6月23日まで。

幕末・会津・桑名 -兄弟の戊辰戦争-
桑名市博物館(桑名市)

NHK大河ドラマの「八重の桜」の舞台となった幕末の時代を、会津藩と桑名藩の関わりから紹介する展覧会です。

割と館蔵品が多いのですが、桑名市博は会津藩士関係の書や文書を多く収蔵しており(旧桑名藩士の家からのご寄贈など)、それらが一括で出ているのでちょうどまとめて見る良い機会だと思います。中でも秋月悌次郎[演:北村有起哉さん]の《戊辰敗軍詩》の最も古い頃の作だと思われる掛け軸2点が出品され、うち1点は何と四日市で詠まれたものです。意外なところで三重県とのかかわりが出てきますね。

6月30日まで。
[2013/06/08 23:22] | 展覧会案内 | page top
三博協アートシーンです。
タイトルはNHK森田美由紀アナウンサーのイメージで読んでみてください。

●せんぐう館
いざゆかん、お伊勢参り

外宮前のにぎわいに大きな役割を果たしているせんぐう館の展覧会です。平日のお昼にお邪魔しましたがたくさんのお客さんで賑わっていました。噂に聞くところによると1日1,000人ペース。土日ですと3,000人にも及ぶ日があるみたいです。

1日6回の解説も大好評で、やはりキャプションを読むだけよりかは双方向の情報の方が好まれるでしょうし、1時間に1回であれば館をゆっくり見ている間に解説の時間に該当するのも狙いどおりではないでしょうか。そうした中でリピーターをひきつけるにはやはり企画展の情報発信力もあなどれません。

今回はお伊勢参りに焦点をあてた展覧会です。スペースに制限がある以上、ひとつのテーマに絞る必要がありますが、理解を深めるという点では常設展を見た後で集中して見られる資料数だと思います。個人的には《伊勢参宮膝栗毛道中寿語録》は興味深い資料です。
4月22日まで。

●海の博物館
大漁にわいた漁村~熊野灘のマグロ漁・ブリ漁の記録

大漁記念碑や供養塔など、「大漁」をキーワードに丹念に地元の歴史を文献・史跡などを拾うことで紹介している海博さんらしいとても真面目な展覧会です。それにしてもすさまじいぐらいの大漁のニュースは、まったく部外者の私でもテンションがあがります。地域の紐帯に成り得る事象なのも納得です。

3月24日に『大漁記念碑と海の博物館を巡るツアー』があります。
展覧会は3月31日まで。
[2013/03/22 21:03] | 展覧会案内 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。