スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
みえミュージアムセミナー第1弾終了、次は第2弾だ
 本日は、みえミュージアムセミナー第1弾の最終日でありました。
パラミタ桑名斎宮歴史博物館と続いた、第一弾、最後はせんぐう館の深田学芸員さんのお話で締めくくられました。昨年度遷宮が終わったと思われていますが、最大の行事である、両宮の遷御が終わっただけで、神宮のいろいろなお宮の遷宮はどんどんと続いていっています。そんなことも含めて、お宮の茅葺きのお話をなされたのでしょう。9月25日からはじまった、秋の企画展示「式年遷宮はつづく―萱山の営み―」の様子もうかがえたのではないでしょうか。
ミュージアムセミナー、次は、10月からの第2弾です。

第2弾は
 10月24日(金曜)松浦武四郎―実はそれ、ぜんぶ武四郎です!
  松浦武四郎記念館     
 11月1日(土曜)魚食のいま・むかし 寿司も、初カツオも、おめでタイ
  海の博物館
 11月13日(木曜)絵解き 本居宣長四十四歳自画自賛像
  本居宣長記念館
 11月23日(日曜)川喜半泥子物語―その芸術的生涯―
  石水博物館
というラインナップで、それぞれ名物の学芸員さんがお話しいただきます。

会場 三重県生涯学習センター2階 視聴覚室
開始 13時30分(受付13時から)
料金 無料
事前申込制・先着順(三重県生涯学習センターのHPをご覧下さい

こういう講座に来ていただく方はきっと、いろいろな博物館に興味を持ってられる方だろうということで、生涯学習センターの方と話している中で、三博協加盟館の総覧パンフ「みえの博物館」も配りましょうということになりましたので、今日朝担いで持っていきました。
 この手のパンフレットは、今後もつくる機会はあるわけですので、協会でももっと議論して、面白いパンフレットをつくっていかねばというところです。
 おっと、といいつつ、このパンフレットを三博協のHPにも挙げないと駄目ですね。努力いたします。
スポンサーサイト
[2014/09/29 01:34] | 告知 | page top
とってもワクドキ(三重テレビ8日18:00~)今日は県美です
宣長記念館に続いて、今日は県立美術館が取り上げられるようです(http://www.mietv.com/wakudoki/)。三重の文化のツイッターによると、4月に新しく就任した毛利館長も出演されるようです。
 ちなみに、三重県博物館協会では、県立美術館は監事をしていただいております。
[2013/04/08 17:10] | 告知 | page top
展覧会いまだ準備中等告知2件
ミュージアム関係の話題を2件紹介します。

ひとつはミュージアムを舞台にした小説です。

山本幸久さんの『展覧会いまだ準備中』(中央公論新社)。

004436.jpg

4年目の学芸員が繰り広げる恋や仕事のお話です。業界ネタは結構ありますが、その分突っ込みどころも満載です。
比較的読みやすいので、もし手に取る機会があればぜひ。

もうひとつはテレビです。

NHK「探検バクモン」です。

先週分をすでに見られた方がいらっしゃったかも知れませんが、来週もありますよ。東博が取り上げられます。

まぁこれを「あずま・ひろし」と人名と思わず「とうはく」と読む段階で一般の方ではありませんが(笑)

ハム作りの達人・神庭先生といつもにこやかな白井先生の魅力を充分に引き出していただけることを期待しましょう。
[2013/02/22 20:42] | 告知 | page top
ミュージアムトークみえものがたり第2回(明日)です
明日23日13:30~、ミュージアムトークみえものがたりを志摩市歴史民俗資料館で開催いたします。
 講師は桑名市博の鈴木さんです。協会事務局よりは岸田が参ります。
 講演の題名は、「ハマグリの魅せる夢」。ハマグリと蜃気楼にまつわる不思議なお話をいただけるものと思います。
 事務局では、垂れ幕の印刷、プロジェクターやPCの準備、レジュメの印刷、名簿の準備、アンケートの準備、配布資料の準備を、今日行いました。アンケートでは、三重県博物館協会を知っていますか?という項目をたてて、三博協の知名度を調べておりますが、案の定、散々な結果です。まあ、これを機会に知っていただくことが大切ですので、地道な作業かと思いますが、『三重の博物館』というパンフレットを肴に、三重県の博物館のネットワークについて広めていこうと思っております。
[2013/02/22 17:19] | 告知 | page top
平安貴族が恐れたコト(2月3日午後、四日市市博にて)開催
ミュージアムトークが迫ってまいりました。事務局でも、いろいろ準備をしております。2月1日に三博協40周年記念事業WGがありますので、その時に四日市市博のかたと最終打合せとなります。
 繰り返しですが、2月3日(日曜日)は第1回目です。13時30分から15時00分まで、四日市市立博物館講座室(〒510-0075 四日市市安島1丁目3番地16)を会場に以下の内容で行います。

 演  題 平安貴族が恐れたコト
 講  師 船越 重伸(斎宮歴史博物館)
 定  員 80名
 参 加 費 無料
 申 込 み 不要、当日受付
 お問合せ 四日市市立博物館 TEL 059-355-2700
 ※なおチラシのPDFなどは次のホームページに掲載しております。
    http://ss100051/TOPICS/2013010167.htm

 ありがたいことに、1月19日付の伊勢新聞でミュージアムトークを取りあげてもらいました。ぜひとも皆さんお越しくださいますよう、お声掛け等お願い申し上げます。

 このネタにちなんで、以前三重県内のあやしい話の「めくり」について報告しましたが、やっぱりほかにも沢山みえのあやしい話があります。
過去のめくり開陳第2弾ということで、全373頁の本をめくったデータを示します。今回は2010年に出されたちくま学芸文庫からです。
 下総国(現千葉県)香取の名主の家に生まれ、国学者平田篤胤の門人となり、さまざまな著作を記した、宮負定男(1797年~1858年)。宮負が記した奇異(あや)しい話の集大成が、『奇談雑史』です。今度は、一人の著作から三重県関係のあやしい話を抜き出しましたが、でるわでるわ。やはり、平田国学の門人であり、伊勢参宮の経験もあり、並々ならぬ興味があったようです。
 抜き出した結果は以下の通り。

 第二巻
  人丸明神に仕へし人の事 播州明石での伊勢参宮途中の客死者の奇瑞
  神隠しの男子の事 奥州南部の人の伊勢参宮での奇瑞
 第四巻
  参州磯丸が歌の事 うたよみの伊勢参宮での奇瑞
 第五巻
  紀州八木山の里山神祭の事 大笑いするお祭り
  猪の怨霊の事 奥州の人が紀州熊野から配札に来た神官に祈祷を頼む
 第六巻
  高瀬氏の娘の事 伊勢神宮の神楽職に生まれ変わりたいと言っていた人が実際に生まれ変わった
  川北氏男子の事 伊勢山田裏(浦)口の古着屋が生まれ変わった
 第七巻
  平忠盛が歌の事 熊野の神のご託宣
 第八巻
  網にかゝりし光り物の事 大神宮の大麻などが光物として空を飛んだ
  池より井でし光り物の事 常陸国の人の伊勢参宮での奇瑞
 第九巻
  古狸弾三郎が事 佐渡国の古狸が人に化けて何度も伊勢参宮
  信州根津明神の事 下総国葛飾郡上飯山満村林氏の氏神は伊勢参宮時に大和でひろったもので霊験あり
 第十巻
  神路山百枝の松の事 白河上皇の時に倒れた百枝の松の跡地に灯台松という不思議な松がある
  松の木霊上京せし事 越後国柏崎西光寺の古松が人に化けて伊勢参宮
  番屋杉の木霊の事 越後国女谷村の杉の木の霊が伊勢参宮
  神童寅吉が事 江戸の寅吉神隠し中に伊勢参宮し外国までいたる

 今回のめくりでは、ミュージアムトーク第2回でとりあげる蜃気楼の話は出てきませんでした。
 浮世絵など絵画資料にも描かれる、伊勢湾の蜃気楼の話ですが、平田国学門人のアンテナには引っかからなかったようです。
[2013/01/30 13:20] | 告知 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。