FC2ブログ
刀剣と水
内藤直子・吉原弘道『もっと知りたい 刀剣 名刀・刀装具・刀剣書』(東京芸術、2018)の中に興味深い記事を見つけました。

p36のコラム「刀工伝説と井戸」です。

その中で三条宗近が知恩院の井戸を焼き入れに用いたので「一名刃の水ともいふ」と伝えられ、京都の地下水は軟水であるため焼き入れには好ましいと記されていました。


あ。


じゃあ村正が焼き入れに使用したと思われる桑名・上野の水はどうだったんだろう。


早速調べてみることにしました。

桑名市の水については桑名市上下水道部のHPから確認することが出来ます。

まずこちらの地図で「水道水及び原水水質検査地点」を確認しますと、いわゆる上野御膳水は上野浄水場がその地点にあたり、


7 西部水源系 上野浄水場
14 町屋水源系 上野浄水場


の2つがそれに当たりそうです。

水源系については、「平成30年度 水質検査計画」の中に説明がありまして、

●西部水源系
[原水の状況]原水は、鈴鹿山系の地下水を浅井戸8箇所により取水し原水としています。

●町屋水源系
[原水の状況]上野浄水場の原水は員弁川の伏流水を集水管により町屋水源地で取水しています。

となっています。いずれか、あるいは両方が作刀に使用されていた可能性が考えられます。


さて、問題の硬水と軟水についてですが、水質検査項目の説明の中にありまして、39番の「カルシウム、マグネシウ
ムなど(硬度)」の検査項目がこれに該当します。その中で

120㎎/L以下が軟水、120㎎/L以上が硬水とされる。

とあります。

それでは両水源の硬度はどうでしょうか。

桑名市 水道水及び原水水質検査 平成30年度年間計画検査項目一覧表から、39番の「カルシウム、マグネシウムなど(硬度)」は年1回調査がなされており、直近は平成30年7月に実施されていたことがわかります。

その調査データを確認しましょう。

●西部水源系 単位 [mg/L]  
1号井 73
2号井 79
3号井 72
4号井 72
5号井 使用中止
6号井 71
7号井 79
8号井 71

●町屋水源系 
上野浄水場着水井 73

すべて軟水となります。まぁ日本は軟水ですので当たり前といえば当たり前なんですが…。(また、比較してみますと多度地域は30前後と他地域の方がより軟水)


いずれにせよ、刀剣製作においては水もまた重要視される要素でした。


最初に紹介しました『もっと知りたい 刀剣 名刀・刀装具・刀剣書』にも中島来や虎徹が使用したと伝わる井戸があることが紹介されており、遺跡として鍛冶場より比較的跡をとどめやすかったことも刀工と井戸を結びつけているといえるでしょう。


秋水、という言葉があります。森記念秋水美術館さんの名前にも使用されていますし、最近はロロノア・ゾロの持つ刀剣として知られていますが、これは秋の頃の澄み切った水の流れを指す言葉であると同時に、転じて

曇りなく研ぎ澄ました鋭利な刀

という意味があります。(『広辞苑』第6版)

刀剣と水というのはやはり切っても切れない関係なのかも知れません。
スポンサーサイト
[2018/12/12 12:00] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ぶくぶくサンタとビリビリうなぎのクリスマス@鳥羽水族館
みなさんこんにちは、鳥羽水族館です。もうすぐクリスマスと言うことで当館では、前回の「展覧会情報(12月版)」でもご紹介したとおり、12月1日から12月25日までクリスマスイベント「ぶくぶくサンタとビリビリうなぎのクリスマス」を開催いたします。今回は、イベントを彩る三種類のビッグなクリスマスツリーをみなさんにご紹介しましょう!

①
① 屋外チケット売り場前にそびえる「円錐型リングツリー」(高さ8m、LEDライト約6000球)


 ②
② エントランスホールにサンタクジラと並ぶ「ビッグクラゲツリー」(高さ5m、LEDライト約6000球)

③
③ ジャングルワールドのデンキウナギ水槽前に登場した「デンキウナギのビリビリツリー」(高さ3m、LEDライト約1000球)

この他にもジュゴン水槽前に設置された「スノードーム水槽」やコーラルリーフダイビング水槽では毎日「サンタダイバー」が登場しウミガメや魚たちに餌のプレゼントをします。詳しくは、鳥羽水族館ホームページをご覧ください!
[2018/12/03 18:04] | 未分類 | page top
三重県内展覧会情報(12月版)
こんにちは。三重県博物館協会です。
もう12月で、2018年があとひと月しかないだなんて信じられません…。


さて、今回は会期が12月から始まったり終わったりする展覧会をパパパッと集めてみました。
(記憶漏れがあるかもしれません。ごめんなさい…。)


今月も是非三重にお越しくださいね。



☆12月終了の展覧会☆

本居宣長記念館「憧れの島根―宣長と出雲・石見・隠岐」~12月2日まで

愛洲の館・東宮資料保存館「河村瑞賢の西廻り航路が伝えた文化と湊町酒田の傘福」~12月2日まで

亀山市歴史博物館「幕末明治そのときの亀山」~12月9日まで

松阪市文化財センター「人とともに生きた馬」~12月9日まで

佐佐木信綱記念館「信綱と『心の花』の歌人たち」~12月16日まで

多気町郷土資料館「道はいろいろ―先人たちの心と生き方―」~12月16日まで

伊勢現代美術館「鈴木幸永展『遥かな動物Ⅱ』」「鈴木春香展『Blooming Songs』」~12月16日まで

大黒屋光太夫記念館「亀井高孝-大黒屋光太夫をみつけた歴史学者」~12月24日まで

斎宮歴史博物館「第4回 斎宮にも馬がいた~斎宮出土の馬具・馬歯~」~12月28日まで

伊賀上野城「上野城3つの天守閣(筒井定次・藤堂高虎・川崎克)」~12月28日まで



☆12月開始の展覧会・イベント☆

海の博物館「神島~つながり、つむぐ、海村のくらし」12月1日から

鳥羽水族館「《クリスマスイベント》ぶくぶくサンタとビリビリうなぎのクリスマス」12月1日から

パラミタミュージアム「浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして・・・」12月6日から

石水博物館「若き日の川喜田半泥子―陶芸を始めるまで―」12月7日から

三重県総合博物館「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」12月15日から

伊勢現代美術館「稲垣考二展」12月20日から
[2018/12/01 14:41] | 未分類 | page top
横光利一と川端康成@三重県立美術館
201811302036450ef.jpg

20181130205125cba.jpg
文アルパネルも展示中!

・横光利一は「文学の神様」と呼ばれた。
・横光の母の実家が柘植。
・横光、日記にイラストを書いているけどなかなか絵心ある。
・横光の旧制中学時代の詩、早熟さを感じさせる
・上野高校同窓会の資料は中々興味深い。こうした資料探索は素晴らしい。
・横光と川端の書簡が展示。色分け(横光は赤、川端は青)もされていて読み下しもあり親しみやすい。
・川端康成の中学時代のあだ名は? 答;するめ
フクロウとちゃうんや・・・。
・横光の手紙はなかなか面白い。「いかが?」から始まる手紙なんてそうない。
・横光の代表作『日輪』は衣笠貞之助が映画化しているが衣笠も三重の人。
・パネルに長方形に落とすスポットかっこいい。
・舞台や映画といった総合的な芸術活動を新感覚派として捉える展示構成も目を引く。
・金属板縫い付けた装幀とか完全にアレである。
・川端の愛した浅草カジノのチラシ、エクスキューズとして医学生理学が持ち出されるのも時代の雰囲気を伝える。
・横光のフランス行きの際の通訳は岡本太郎。
・1937年版『雪国』の装幀は芹沢銈介。
・1944年5月27日付横光→川端書簡「不平をいふつもりはないが、君にだけは不平ばかりいふつもりだ」という文章に両者の信頼がうかがえる。
・東山魁夷の作品や国宝十便十宜図も出品されています。
・12月16日までですのでぜひおでかけください!
[2018/11/30 20:52] | 未分類 | page top
11.09_三重県博物館協会研修事業(澄懐堂美術館)
image1.jpeg

11月9日午後、協会行事の施設見学会で澄懐堂美術館。参加者8名で訪問しました。昨年、四日市駅前から水沢(すいざわ)の地に移転、ここは二峰山本悌二郎の収集品を引き継いだ猪熊信行氏の住まいだったところで、もともとこちらが本拠地。駅前ビルにあった美術館に較べれば展示スペースは限られますが、そのかわり、遮るガラスなしに作品を鑑賞できる、国内でも、あるいは世界的にも稀有な美術館となって再開されました。

image2.jpeg

学芸員の井後尚久さんのご案内で米萬錘、張瑞図、金冬心など明末清初の名品を拝見。これはもう収集家の個人宅に招かれたような至福の時間というべきでしょう。秋の展示はまもなく終わり(18日まで)、次回は春季展。アクセスは四日市駅前から宮妻口行きのバスで、美しい茶畑の中を抜けて40分。水沢西条下車すぐです。(松月清郎)
[2018/11/25 10:36] | 未分類 | page top
| ホーム | 次のページ>>